MBS*Activity diary - We don't have the duty to make our dreams But have the right to have dream.

11« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

12

16:37
Tue
2012

No.0133

どう生きてゆけば………

放送局という大切な生きがいを失い、
私はこれからどうやって生きて行けばいいのか。。。


受験勉強なんかやりたくない。
新たに趣味を見つけようかな。とばかげた事を考えているメルです、どうも。


本当に大切だった。大好きだった。
放送局のみんな、みんなと過ごした時間、独特のにおいのスタジオ、
ちょっと狭いけれど大好きなものがたくさん詰まったボックス…………


強い思い入れがあったぶん、
それを失った喪失感が半端ないです。


けれど、この部活生活が嫌なものであったなら、
こんな思いをすることはなかった………


引退してから改めて感じました。
放送局で過ごした時間が、どれほど掛け替えのないものであったかを。



辛い事、苦しい事、悔しい事、たくさんありました。
何回も泣きました。


その度に励ましてくれる先輩、仲間がいて、気づかってくれる後輩がいて……

私は本当に恵まれていたと思います。


みんながいたから今の私がいる。


最後のNコン、
応援してくれた仲間、後輩の前で、切磋琢磨しあった仲間と一緒に
大好きな朗読をあの舞台ですることができて、本当に嬉しかった。

結果には全く満足していません。
今でも悔しいです。


しかしみんなのためにも自分のためにも
私たちは引退し、前に進まなければいけないと思います。


後輩には私の悔しさを晴らすため、全国に行ってほしいです。
全国に行ってください。


応援しています。

長々とすみませんでした。


最後に……


本当にありがとうございました!
みんなのことが大好きです!





Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
06

12

edit
たると [No.60 - 19:44 2012]
ありがとう。

でも、うちもあの放送局の空間が大好きやったよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。